メルカリで仕入先と販路をゲット!


この記事の所要時間: 644

こんにちは、富田です。

先日LINEでのご質問をいただきました。


これからせどりを始めようとしていらっしゃる方からで

せどりにメルカリは必要ですか?

と言った内容でしたので

今回は改めてメルカリについて解説していきます。



●メルカリとは

日本最大級のフリマアプリで

現在5,000万ダウンロードを突破しています。


スマホ1台で出品から取引完了まで手軽に進められることが魅力で

毎日数十万品以上の商品が出品されています。




BtoC(Business to Consumer)と呼ばれる

Amazonのような企業から消費者が商品を購入するのではなく


CtoC(Consumer to Consumer)という

一般消費者間で行われる取引形態が採用されています。




一般消費者の中には主婦・学生・OL・サラリーマンなど様々な人が含まれ

物販の市場には詳しくないけど手軽に商品を売買したい!

と言う方も沢山おられます。



そういった方々が自分の価値観のみで値付けを行うため

通常ではありえない破格での仕入れが可能です。


また

その他ECサイト(Amazonや楽天)の市場価格を調べずに購入する方も多いので

高値でも買い手が付く市場と言えます。



では続いて、仕入先としてのメルカリへ解説を進めます。




●仕入先=メルカリ?

前述した通りメルカリでは毎日数十万点の新商品が並びます。


新商品の中にはAmazonで売れる価値がある商品も多く

新品や傷の少ない美品も多いです。


アパレルの印象が強いかもしれませんが

本・電化製品・アウトドアグッズ・楽器・おもちゃなども豊富に出品されています。



さらに、数十万点の中から商品を探すのも

検索機能が充実しているので簡単です。



もちろんキーワード検索もできるので

商品名や型番からピンポイントで商品を探すことも出来ます。



商品内容以外にもメルカリで仕入れを行うメリットはあります。



まず1つ目に値付けが甘いこと


これはネットでの価格を調べずに

「使わないから300円で」(メルカリでの最低価格は300円です)

といった様に個人の価値観で安易に出品を行うため


通常ではありえない価格が付いていることがあります。


実際に300円でメルカリ購入した商品をAmazonにて9,800円で販売したこともあります。




2つ目に値下交渉がしやすいこと

店舗仕入れの際に

『顔の見える状態で店員さんに値引き交渉をする』

という行為は抵抗があるかもしれませんが


メルカリではコメント一つで値引き交渉が行われています。


せどりとは関わりの無い方々も普通に行っていることなので

抵抗無く交渉に入ることが出来ます。



これらのメリットを使い仕入れを行うことが出来るのがフリマアプリであり

その中でも圧倒的利用者数・出品数を誇るのがメルカリです。


検索機能を使いこなし、相場より安価な商品を見つけ

さらに値引き交渉も交えて安く仕入れる。



これがスマホ一つで、手軽に行えるのは非常にありがたいです。



店舗に行く必要も、パソコンを使う必要も無いため

副業せどりの方でも簡単に取り組むことが出来ます。



ここまでが購入する側としてのメルカリの解説でしたが

販売する立場としてのメルカリはどうなのか

これについて解説していきます。




●販路=メルカリ?

普段はAmazonのFBAによる販売を推奨していますが

メルカリでの販売が適した商品があります。


代表例を3つほど紹介します。


まず、Amazonでは新品を求める方が多いため

中古品の売れ行きは遅く

保管手数料の高い大型製品などは特にリスクが高まります。


その点、メルカリには中古前提で商品を求める方も多く

商品の写真も規約が緩いため

手軽に撮影した写真で問題ありません。


よって

パッケージの痛みが著しい商品や中古商品は

状態を写真確認した上で取引が出来るメルカリがおすすめとなります。


また、商品説明文も1,000文字まで記載できるので補足説明も可能です。



次に、Amazonにカタログが無い商品です。


100均商品や店舗のオリジナル商品など

Amazonにカタログはないが世間に需要のある商品は沢山あります。


Amazonで自ら商品ページを作成する事も出来ますが

メルカリならスマホ1台で気軽に出品が可能です。




最後に、Amazonでは出品申請が必要な商品です。

Amazonでは食品や化粧品・時計・ジュエリーなど

出品申請が必要な商品が多数あります。



最近ではメーカーによる規制もあるため

規制に気付かず仕入れてしまう例も少なくありません。


そんなときに販路として活躍できるのがメルカリです。


Amazonでは最近規制が入ったナイキやアディダスの商品も

メルカリなら問題なく販売することが出来ます。



以上3つがメルカリ販路に適した商品例となります。



仕入先としてのメルカリ

販路としてのメルカリ

どちらをとっても、せどりには欠かせないアプリです。


いざピンポイントで利用すると

出品方法・購入方法などで戸惑うこともありますので


今から登録を行い

家の不用品販売やプライベート品の購入にも活用することで

操作方法に慣れておくと良いです。



ダウンロードは下のリンクから行えます。


なお登録時に招待コード[XbV716]を入力すると

最大10,000円分のポイントが貰えるキャンペーンが行われています。


フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング
フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング
開発元:Mercari, Inc.
無料
posted with アプリーチ


※パソコンからも登録が行えます。
→ メルカリ

 
 
 
 
 
●追伸

今回はあらためてメルカリの良さを見直す良い機会でした。

ブログでは書ききれませんでしたが

キャンペーンの実施やクーポンの配布も多く

メインフリマアプリとしてオススメできる稼げる要素の多いアプリです。


今後も小技や稼いだ実例などに関しては

メルマガLINEにてお伝えしていく予定です。


記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。

SNSで富田をシェア!