これであなたも値引き名人!


この記事の所要時間: 127

こんにちは、富田です。

今回は店舗での値引き交渉を有利に進める方法について解説いたします。



狙い目は現品限りの商品です。



現品限りの商品は以下のような

難有り商品であることも多いため注意が必要です。

・展示サンプル品

・付属品欠品

・外箱破損



しかし、その分価格が安くなっていることがございます。



そんなときには

「現品限り」の部分は映さずに

商品名と値段がわかる写真を撮っておきましょう。


店名まで入れば尚良いです。



そして、その写真を交渉材料に

他店で値引き交渉を行いましょう。



交渉材料が何もない状態での値引き交渉は難しいですが

比較対象や実際の値札を提示することで

難易度が大幅に下がります。




同様に、値札だけ出ている状態で「在庫切れ」

となっている商品も要チェックです。


値札の写真を撮り

在庫のある他店での交渉材料に活用しましょう。



せどりではいかに商品を安く仕入れるか

大きな鍵となってきます。



状態の良くない展示品や在庫切れでも諦めず

有効活用することで利益に繋げていきましょう。





次はせどりで成功したいのであればという記事を書きました。


記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。

SNSで富田をシェア!