過去のデータを活用した効率的な仕入戦略

この記事の所要時間: 139

 
こんにちは、富田です。

今回は過去のデータを活用した効率的な仕入戦略を解説致します。

我々せどらーは日々稼ぐために

店舗電脳新しい商品をリサーチしております。

しかし、今回の手法は非常に効率良く

高利益商品を見つけることが可能となっております。

その手法とは

あなたが過去に販売した商品を遡ることで高利益商品に巡り合える

といった方法です。

例えば半年前に出品し

まだ出品情報が残っている商品の確認です。

Amazonを販路としている方は

セラーセントラルの在庫管理画面で在庫切れの商品からチェックが行えます。

あなたが最後に販売した価格よりも

最低価格やカートボックスの価格が上がっていればビッグチャンスです。

何処のお店で購入した商品かをリストから遡り

系列店などに在庫・価格の確認を行いましょう。

当時の販売価格でも利益が取れる商品であるため

現在のレートが上がっていれば

より大きな利益を得ることが出来ます。

また、出品の際にも商品登録の手間を省き

以前の登録情報から出品ができるため作業時間も大幅に短縮できます。

あなたの貴重な時間

入念にリサーチした一つ一つの商品データ

それはあなただけの財産です。

どこまで展開するかで価値も変わります。

仕入れられなかった商品→リサーチした時間の無駄

仕入れた商品→1回販売して終わり

ではありません。

データを駆使したIDせどりを取り入れることで

1から10100を創り出すことが可能です。

是非参考にしてみてください。

次は関連商品から稼ぐ戦略という記事を書きました。

記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。

SNSで富田をシェア!

Twitterで富田を