仕入れリストが生んだ利益を大公開!

この記事の所要時間: 219

 
こんにちは、富田です。


今回は改めて仕入れリストの重要性をお伝えいたします。



普段からブログやツイッターなどで

「仕入れた商品はリスト化しておきましょう!」と豪語しておりますが



実際にリストが役に立ったところをお見せします。




以前、このブログでもご紹介したトトロのデリカポットですが



→過去記事「人気キャラクター商品は要チェック」





先日、ドンキホーテの5%OFF開催店舗で

このリストを参考に利益の出る商品を見つけました。


こちらの商品です。



パッケージも非常によく似た商品で

売り場に到着し真っ先にリサーチしました。



Amazonでの売価は5,980円のため以下の利益が出ます。

利益:1,625円
利率:27%




写真の通りプロパー棚(通常の陳列棚)の商品のため

目立つPOPだけを追っていては発見できない商品です。





まさに「トトロの弁当用品は需要がある」という

データを基にした仕入れ戦術と言えます。





このようにリスト化されたデータがあれば

期待値の高い商品を効率よくリサーチし利益を得ることが可能です。





どのような商品が仕入れられたかだけではなく

何故その商品が仕入れられたかという部分にも注目し


仕入れ商品リストを強化して行きましょう。

 
 
 
 
 
●追伸

具体的にリスト化とはエクセルなどを使って

仕入れた商品や店舗などを管理しておくことです。

ちなみに僕がエクセルでリストに打ち込んでいる情報は

●購入日
●ASIN(JANコード)
●商品名
●原価
●仕入店舗
●損益分岐点
●想定売価
●想定手数料
●見込利益
●想定利益率
●売却日
●売価
●手数料
●粗利
●利益率
●滞留期間


などです。
また、各商品ごとにワンクリック

●Amazon
●モノレート
●メルカリ

に飛べるようにリンクを設定してます。



初めのうちはここまで管理する必要は無いと思いますが

●商品名
●仕入値
●仕入店舗

このあたりはしっかり把握しておくようにしましょう!^^

 


記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。

SNSで富田をシェア!

Twitterで富田を