リスクヘッジ~ツールのバックアップという考え方~

この記事の所要時間: 228

 
こんにちは、富田です。

スマホやKDC200など、仕入れの必需品も電子端末です。

突発的な不具合や故障が起こる可能性も0%ではありませんよね。


「さあ今日は10店舗回ってガッツリ仕入れるぞぉ~!!」

という日に限って

「あれ?KDC200が動作しない!充電はしてあるハズなのに!!」

なんてことが起こるものです。


このような不運に見舞われた場合

10店舗回る予定が恐らく半分以下になるでしょう。



そうならないためにも僕は

スマホ2台、KDC200を3台所有しております。


KDC200が3台な理由は

仕入れスタッフさんを同行させた際に使ってもらうためです。


「それならスマホも3台必要じゃん」

と思うかもしれませんが


さすがに固定費が掛かるスマホを余分に持つのは経費の無駄遣いなので

スマホはスタッフさんの物を設定だけいじって使います。



「いやいや、2台持つ時点で余分に持っちゃってるじゃん」

そう見えるかもしれませんが


2台までは「せどりをやっているなら楽勝でペイ出来る方法」がありますよね?

おっと、これについてはまたの機会にしますね。



話を戻します。


KDC200を2台持つことはスマホを2台持つことよりもリスクが低いです。

というか先に結論を言ってしまうと儲かります。


KDC200はヤフオクやフリマアプリで大量に出回っております。


ジャンクで500円~2000円くらいですが

直す手間があるので可動品を3000円~7000円で購入します。


もちろん、初期設定はしておいてくださいね。



これがKDC200の予備端末となります。


その後もフリマウォッチで同じように仕入れたKDC200は

メインのKDC200、サブのKDC200と比べて

状態が良い2個を所持しておき、残りをAmazonで販売します。


これを日頃から徹底しておくことで

かなり状態の良いKDC200が常に2台手元にあることになります。


これがツールのバックアップ兼、稼ぐという考え方です。



冒頭にありますように

仕入店舗が10店舗→5店舗に減るということは

その日だけでKDC200を何台も買えるだけの損失をしてますからね。


ケチケチすることとコストダウンは全く別の思考です。


万全の備えというものに投資をして

お金がお金を生む状態を創り上げましょう。

おかげさまで毎日上位ランクイン!



Twitterで富田を