新しいFBA納品先が増えます。今後の対策について


この記事の所要時間: 234

こんにちは、富田です。

2017年9月27日にAmazonから【重要】タイトルのメールが来ました。


内容は

フルフィルメントセンター(FC)の新設についてです。
※フルフィルメントセンター=Amazonの物流倉庫

2017年11月1日(水)より藤井寺FC(KIX4)

2017年11月15日(水)より八王子FC(HND8)の運用が開始されます。



注意点として

お酒を取り扱うかたは新設八王子FCへの蔵置所申請


ファッション商材を今まで通り川越FC (NRT5) へ納品したい方は

川越FCへの納品先指定オプションの申し込みを促されています。


また、新設された藤井寺FC・八王子FCについては

納品先指定オプションと無地箱ダンボール出荷に未対応とのことでしたね。




夏にも有った納品受領の遅れなどが解消され

大坂・東京という大きな都市にFCが追加されることで

今までよりもスムーズな物流が提供されることとなりそうです。



クリスマスや年末の時期も納品が滞らずに進むのか、期待が高まります。



しかし、配送料無料キャンペーンが2017年12月で終わってしまうため

1月から、こちらのFC新設による

手数料の負担が予定される方、いるのではないでしょうか??




まず、僕も該当しますが

ファッションを取り扱う東日本の出品者様

納品先指定オプション手数料と

川越FC(埼玉)から藤井寺FC(大坂)へ変更となる送料の差

どちらが安いかを比較する必要があります。



反対に西日本のファッションを取り扱う出品者様

納品にかかる送料負担が軽くなるでしょう。



次に、どちらの新設FCもそれほど近くないという方

しばらくは納品先を新設FCへと自動選択されることが予想されるため

お近くのFCまでの送料との差納品先指定オプション手数料の比較が必要です。



ちなみに、どちらの新設FCも大型商品は取り扱いをしていないので

大型商材がメインとなっている方は大きな影響がなさそうです。

 
 
 
 
 
●追伸

納品のための配送料負担を減らすには

郵便局や各運送業者との契約もおすすめの手です。


パートナーキャリア無料期間に配送実績(配送個数)を増やし

有料になる来年から契約を取り付けると良いです。


契約する機関にもよりますが

通常期間のパートナーキャリア送料よりも安く送ることが出来るので

まだ契約されてない方は取り組んでみましょう。


記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。

SNSで富田をシェア!