超効率化戦略!仕入れマップの作り方


この記事の所要時間: 353

こんにちは、富田です。

今回はグーグルマップを使った仕入店舗の管理方法を解説いたします。


数々の仕入店舗を知っていても

それぞれの店舗間の距離や少しの回り道で寄れる店舗など

完璧に店舗同士の位置関係を把握することは困難です。



今回の解説に沿ってグーグルマップに仕入店舗を登録していけば

効率よく1日のスケジュールを組めるため

今後の仕入が非常にスムーズになります。





早速、登録手順をPC操作画面と共に見ていきましょう。

※この登録には[グーグルアカウント]が必要です。
グーグルアカウントをお持ちで無い方はコチラの記事を参考に取得しておきましょう。

→ Gmailのアドレス取得方法





①まずは[グーグルマップ]を開きます。

→ GOOGLE MAP





②左上の[メニュー]より[マイプレイス]を選択します。

(クリックで拡大)                         






③[マイマップ]のタブから[地図を作成]をクリックします。








④今回は見本として[MEGAドン・キホーテ渋谷本店]を登録します。






[検索欄]に店舗住所を入力しましょう。






登録したい場所が検出されたら[+地図に追加]をクリックします。





店舗名の入力でも自動検出される場合が多いですが

店舗移転などにより、このように異なる住所が出る場合があるため注意が必要です。






店舗の登録はこれで完了です。

ここから先の操作でより見やすい地図へとカスタムしていきます。





⑤[ペンのアイコン]から登録内容の編集を行います。






赤枠に店舗名
青枠に店舗情報

を入力し[保存]をクリックします。








⑥[菱形のアイコン]から店舗のマークを編集します。






一目で何の店舗か分かるアイコンを設定するため

[他のアイコン]より[アイコンライブラリ]を表示し[カスタムアイコン]を選択します。

(クリックで拡大)                  






[Google画像検索]タブで検索欄に[店舗名]を入力しましょう。

店舗が一目で分かる画像を[選択]し[OK]をクリックします。

(クリックで拡大)                  






これで登録設定の変更が完了です。


あとは同じ手順を繰り返し

あなたの仕入店舗をどんどん登録しましょう。

(クリックで拡大)                  






尚、レイヤ名や地図名はそれぞれの表示欄をクリックすると編集できます。


レイヤ名の変更

(クリックで拡大)                  



地図名の変更

(クリックで拡大)                  





この地図を作成しておくことで

仕入ルートを店舗同士の位置関係を把握しながら

その日のプランを組めるため


同じ方面の仕入店舗を無駄なく巡ることができます。



始めは店舗名と店舗位置の登録を行い

徐々に、以下の店舗情報を追加していくことで


マップはより強力な武器となります。


・駐車場情報

・今までの仕入状況

・狙い目となる売り場

・クーポン・セール情報

・値引き交渉の成功例




あなただけのお得情報を記録し

仕入に役立つマップへと進化させていきましょう。

 
 
 
 
 
●追伸

仕入マップの作成は

店舗せどらーには必須の戦略です。


取り入れることによって

仕入店舗の把握や頭の中が整理されます。


また、メモ欄を活用することで

営業時間クーポン内容などを一目で確認することも出来ます。


記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。

SNSで富田をシェア!