返品されたのに利益が3倍になった!

この記事の所要時間: 433

 
こんにちは、富田です。

今回は返品が起きても余裕でいられる理由を解説いたします。


折角仕入れた商品でも気付けなかった細かな傷や

外装の破損など様々な理由で返品が起きます。



返品となった商品は次の手順で確認できます。


①Amazonセラーセントラル内の
[レポート」メニューより[フルフィルメント]を選択します。

(クリックで拡大)                          




②左端の項目から[返品レポート]を選択します。






③[レポートの期間]を確認し[レポートを生成]します。





以上の手順で返品レポートが確認できます。

定期的にチェックを行い

把握していない返品が無い状態にしておきましょう。





レポートの内容ですが

[商品の状態]で返品物の今後の行方がわかります。



今回は赤枠の[返送または破棄]が選択できる返品物にフォーカスして解説を進めます。




返送または破棄、どちらの処理を行っても以下の手数料がかかります。





尚、30日以内にどちらかの処理をしないと

Amazonによって廃棄され、手数料もかかります。





返品された商品からも利益を出していくには

返品日から30日以内に返送を選びましょう。




返送手続きは次の手順で進めます。



①セラーセントラル内の[在庫]メニューより[FBA在庫管理]を選択します。


(クリックで拡大)                          




青枠で商品を検索し赤枠のドロップダウンメニューから

[返送/所有権の廃棄依頼を新規作成]を選択して次へ進みます。

(クリックで拡大)              




③[詳細内容を入力]の画面で住所や商品個数を入力・確認します。

(クリックで拡大)              




④[内容を確認&確定]の画面で入力内容に誤りがないかを確認し[内容を確定]します。

(クリックで拡大)              




この手続きによりあなたの手元に商品が送られます。


商品を受け取ったら現状を確認し

状態にあわせ

開封新品や中古として再度、販売しましょう。


出品の前に

以下の販路での相場をチェックします。

・Amazon
・フリマアプリ(メルカリなど)
・ネットオークション(ヤフオクなど)


一番高値が付く販路で再度販売を行いましょう。



ちなみに、ヤフオクやメルカリを選んだ場合は

AmazonのFBA販売とは違い在庫保管手数料が掛からないため

回転率にこだわらなくて大丈夫です。



続いて価格設定の解説へ移ります。



あまりにも状態のひどい物は別ですが

仕入値や送料、雑費などの合計を加味した上で

利益の獲れる価格で出品します。

※当初のAmazon出品時にかかった費用や返送料も雑費に含めます。




返品という状況はマイナスイメージが強く

僕もせどり参入当初は返品がある度に

嫌な気持ちになっていました。


しかし、この手法を取りいれた最初の商品で

見込み利益から3倍以上の利益が出せました。


何故、利益が3倍以上も出せたかと言うと

このような価格推移があったためです。

(クリックで拡大)              


この事例で返送された商品は外装ダメージのみで

中身には問題が無かったため新品コンディションで再出品を行いました。


人気のある商品だったため

返送と再納品、再出品の期間に

商品が希少価値となり、価格が3倍以上に跳ね上がったのです。


この他にも返品が起きた商品のうち7割は利益を生んでおり

残り3割も仕入額程度は取り戻せています。




返品の起きた商品を破棄をしてしまえば

以下すべてが損失となります。

・仕入値
・FBA納品費用
・Amazon出品費用
・破棄手数料

上記に加え

仕入れや検品・納品、価格改定で使ったあなたの時間や労力も水の泡です。


早々に返送処理を行い、再販することで

返品された商品からも利益を出していきましょう。

 
 
 
 
 
●追伸

あくまでも返品による損失を最小限に防ぐための戦略であり

返品は起きないに越したことはありません。

返品が起きたということは
お客様の期待に応えられておらず

あなたやAmazon、納品時や配送時の運送業者も含め

誰も得しないからです。

よって日頃から返品が起こらないよう最善を尽くすということは

念頭に入れておきましょう^^

おかげさまで毎日上位ランクイン!



Twitterで富田を