実際の手数料よりも多く払っている!!

この記事の所要時間: 36

 
こんにちは、富田です。

今回はFBA在庫保管手数料の落とし穴を解説します。


FBA在庫保管手数料とは

商品のサイズと保管日数に応じた手数料で以下の算出方法で金額が決定します。



1,000cm³につき8.126円





計算例:8.126×{(商品の縦×横×高さ)÷(10×10×10)}×(保管日数÷その月の日数)



上記の[商品の縦×横×高さ]は

商品登録時に入力された数値となるため

間違った寸法で登録されている事があります。



僕が過去に遭遇した例では

色違いの同じ商品であるにもかかわらず

異なる寸法で登録されている事もありました。



間違った寸法のままにしておくと

在庫保管手数料が多くとられてしまいます。




該当商品の在庫が1個しかなければ

数十円などの差額ですが



該当商品の在庫が複数あった場合には在庫数の分、損失は増えていきます。

そのため、同じ商品を複数個、納品する時は必ず調べましょう。




実際に取り組む手順を解説していきます。



まず商品の登録サイズを調べましょう。


FBA料金シミュレーターで確認ができます。

→ FBA料金シミュレーター




赤枠の欄にASINコードなどを入力し商品検索します
(JANコードや商品キーワードからも検索できますがASINが最も確実です。)






検索後に表示される赤枠部分に寸法が記載されています。



手元にある商品と比べて寸法を確認しましょう。



もし、寸法が異なる数値で登録されていた時は

Amazonテクニカルサポートへ

次の手順で報告・訂正の依頼をします。




①Amazonセラーセントラル[ヘルプ]から




[お問い合わせ]を開きます。







②左側のメニュー内の[出品、商品情報、ファイルアップロード]の項目を展開し 

[商品ページの問題]を選択します。






③リクエストまたは質問の内容は[商品ページの修正]を選択します。





④[修正する商品を確認]の欄にはASINコードを入力し検索しましょう。





⑤修正内容の提案は[梱包サイズ]を選択します。



実際に商品を計った数値を入力しましょう。




⑥[提案の妥当性を証明してください]の欄では

[商品またはその他の画像]を選択し、商品を実際に計った画像と詳細を記入します。

(クリックで拡大)                          



このように寸法をきちんと計測している事がわかる画像を撮影しましょう。

写真は複数添付が出来るため実際は4枚の画像を添付しても良いです。




最後に、連絡先情報を入力し送信します。


あとはテクニカルサポートからの返信を待ちましょう。




誤った寸法が原因で

手数料が多くとられるのは非常に損です。


しっかりと確認を行い未然に損失を防ぎましょう。

 


記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。

SNSで富田をシェア!

Twitterで富田を