商品が返品された理由を確認するには


この記事の所要時間: 226

こんにちは、富田です。

今回は商品が返品された際に返品理由を知る方法を解説いたします。


FBAを導入していれば

商品の返品があったとしてもAmazonが対応してくれるため

利用者の僕たちは事後報告を受けるのみです。



お客様から直接言葉を聴くことはできませんが

返品の理由を知り

より良い販売者を目指しましょう。




それでは返品理由を知るための詳しい手順に進んでいきましょう。



①セラーセントラルの[レポート]より[フルフィルメント]を選択します。








②左側の欄より[返品レポート]を選択します。



尚、青枠の[デフォルトレポート]を選択すると

次回以降この項目が省略できます。





③赤枠部分の[レポート期間]を選択し[レポートの生成]をクリックします。

すると返品された商品が表示され

青枠部分に理由が記載されております。

(クリックで拡大)              




こちらの返品理由のような場合







具体的にどのような不具合があったのかといった内容は

次のテクニカルサポートに問い合わせる手順にて

詳細を確認しましょう。




①注文番号をコピーする





②セラーセントラルトップに戻り画面上部の[ヘルプ]を選択します。







③画面下部にある[問い合わせ]を選択するとテクニカルサポートヘ連絡できます。







④Anazonから出荷(FBA)より[上記以外のFBAの問題]を選択しましょう。

(クリックで拡大)               





⑤下図を参考に詳細な返品理由について問い合わせます。

(クリックで拡大)               




ここまでがテクニカルサポートに問い合わせる手順となっております。


問い合わせると回答にて返品の原因となった具体的な理由を知ることが出来ます。




上記の2つの問い合わせ方法を使い

具体的な返品理由を把握し

同じ商品を扱う際の返品回避や

仕入れ時の検品項目の改善に役立てましょう。



返品は避けたい事態の一つですが

起きてしまった際には原因を追究することで

次回からの損失を減らすことが出来ます。


記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。

SNSで富田をシェア!