僕がせどり初心者だった頃に経験した話


この記事の所要時間: 31

こんにちは、富田です。

今回は僕がせどり初心者だった頃に経験した話を致します。


僕がまだまだせどり初心者だった頃

近所のショッピングモールが取り壊しになるためモール内の様々なお店がセールをする。

という情報を得てモールを訪れました。



モール内を散策していると小さな楽器屋さんがありました。



当時は楽器の型番や人気のモデルにも詳しくない。

そもそも楽器は商品自体が大きい。

といった先入観から楽器屋=仕入対象外店舗

として考えておりました。



しかし、店頭では在庫処分のワゴンセールが開催されていました。





様々な教材や本で

ワゴンセールはせどりの基本

と学んでいたため


「これは転売屋として調べてみなくては」と思い

ワゴン内の全ての商品をせどりすとやモノレートを参考に調べていきました。

独学ではこのセールすらも見逃していたと思います。


すると、利益のとれる商品を発見。

こちらの商品です。



「ステレオターンテーブルシステム」

というレコードを聴くための機械の交換針です。


もちろん当時はそんなことは知るはずも無く

利益がとれるかとれないか。

そこだけしか見ていませんでした^^;



現在もこの値段で見つけることができれば利益のとれる商品です。
→ Amazon

さらに、この商品以外にも

ワゴン・店内で利益のとれる商品を見つけることができ


僕は「楽器本体ではなく小物器材に目を向ければよかったのか!」と学ぶことが出来ました。

最初から知っていれば

苦手意識の先入観もなく張り切ってリサーチに挑めたと思います。



なお、楽器カテゴリに分類される商品は

コンパクトかつ高額の商品も多く、弦などの消耗品もあるので

転売には向いているカテゴリと言えます。


また、Amazonでの販売手数料が8%なので

他の商品カテゴリと比べて

店頭の割引率が少なくても利益商品が見付かりやすいです。

参考
  • カー・バイク用品    10%
  • おもちゃ・ホビー    10%
  • 書籍やCD、ペット用品   15%



以降は仕入対象店舗として

楽器店にも足を運び、利益のとれる商品を仕入れております。


このように、始めは仕入対象外として位置付けていたジャンルも

調べてみたら仕入れることが出来た。という経験から


プライベートでもスーパーやコンビニなど普段仕入を行わないお店でも

ワゴンセールを見たら調べてみよう!

と、行動に移すことが出来るようになりました。



苦手なジャンルや目を向けていなかった商品でも

ふとしたことをきっかけに仕入れ対象にできることがあります。


特に、この年始の時期は様々なお店でワゴンセールを見かけることが多くなります

先入観に捉われず積極的にリサーチしてみて下さい(^_^)





次は店舗の情報を仕入れる方法という記事を書きました。


記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。

SNSで富田をシェア!