逆の発想を取り入れた転売戦略


この記事の所要時間: 224

こんにちは、富田です。

寒い日が続いていますね!

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

昨日は僕の住む地域でも雪がちらついたようです。

今回は、最近売れた意外な物をご紹介します。




それは扇風機です。


この季節ですが、今月既に7台売れました。(12月は13台売りました)



実は夏終わりの在庫処分セールで狙って仕入れを行いました。

モノレートでしっかり冬にも売れていることは把握しておりましたし


何より確信のプロセスがありました。




きっかけは、こんな内容が含まれた、とあるブログ記事です。

「エアコンをつけても足元がなかなか暖まらなくて辛いという経験はないでしょうか?
そこで活躍するのが扇風機。部屋の空気をかき混ぜて暖かく快適にしてくれます。」

僕は夏に部屋を快適にする方法を調べていた際に、この情報を目にしました。


記事の更新日は1月半ばの冬。

通常は冬の寒さをなんとかしたい方が情報に辿り着く内容です。



最近のテレビでも似たような節約法が紹介されておりました。

視聴者さんはいい情報を得た!と思い家電量販店へ行く行きますが

扇風機は夏物商品なので置いていない。

という状態になりますね。



しかし今の時代、ネットでは夏物商品を販売しています。

よってネットで買うお客様が存在する。

という構図です。


こういった需要に対して店舗からの供給が少ない部分に

ネットショップならではの強みが現れます。


つまり、逆を言えば

冬用品を夏に販売することも十分可能です。




暖かい季節に向かうこれからの時期

暖房器具や土鍋などの冬物商品が在庫処分セールに並びます。



土鍋は保温効果が有名ですが、実は保冷効果も発揮します。


冷たさを保ちたい料理を食卓に並べる時

冷やした土鍋に盛り付けるという使い方もあります。




話を仕入れの際の注意点に移します。


このように、ロングテール商品を取り扱う際は

普段より長い期間でのランキング変動を確認したり

FBAを利用する場合

在庫保管日数も長くなるので保管手数料もその分掛かります。



それらを踏まえて利益が取れる商品を仕入れましょう。





次は複数仕入って何個買えばいいの??という記事を書きました。


記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。

SNSで富田をシェア!