店舗仕入れ×電脳仕入れ

この記事の所要時間: 140

 
こんにちは、富田です。

今回は店舗仕入で得た情報を電脳仕入に活かす戦略を解説いたします。


店舗で仕入れた商品を、帰宅後にインターネットを使い

ネットショップなどにも在庫が残っていないかを確認します。


非常にシンプルな方法ですが継続的に実行しておられる方は少ないです。


電脳でも商品を仕入れることで

リサーチで得た情報最大限に活用しましょう。



僕が実際に取り組んだ例ですと

先日、ビックカメラでラスト1点の商品を仕入れたのですが

ビックカメラのネットショップ(ビックカメラ.com)を検索すると

同価格で在庫が23個ございました。


これを仕入れた僕は

この戦略を取り入れていない方と比べて

23倍の利益を得ることが出来ました


初心者の方は1つの利益商品を見つけるだけでも

かなりの商品数をリサーチしておられます。

その労力を、より大きな利益へ繋げるためにも

仕入れた商品がネット上にも在庫がないかを確認する

という作業を習慣付けましょう。


注意点
ネットショップでは送料や手数料がかかり

店舗と同じ価格では仕入れられないケースもございます。

その場合は以下の内容を確認します。
  • 足を運べる店舗の在庫
  • 「実店舗までの交通費」と「送料+手数料」の差額

店舗で費やした時間と労働力から最大限の利益を得るためにも

今回の戦略を参考にしてみてください^^




次は季節商品を取り扱う際の仕入れ判断という記事を書きました。

おかげさまで毎日上位ランクイン!



Twitterで富田を