高順位でも仕入れてはいけない商品


この記事の所要時間: 158

こんにちは、富田です。

今回は初心者の方が特に間違えやすい

高順位でも仕入れてはいけない商品について解説いたします。


「せどり」で商品をリサーチする際

仕入れ判断基準には以下のようなものが含まれます。
  • 利益額
  • 利益率
  • 販売スピード
  • 出品者数

その中でも今回は「販売スピード」に注目した内容です。


商品の販売スピードを知るためには

モノレートなどの「転売ツール」にて「Amazonランキング」を確認します。



しかし、中にはランキングが良いのに仕入れてはいけない商品がございます。


それは中古だけが売れている商品です。



Amazonランキングは商品コンディションに関わらず

「その商品が売れたとき」にランキングが上昇します。


そのため、中古コンディションだけが頻繁に売れている商品も

ランキングが高くなります。


例えば以下のような条件の商品を見つけた場合は要注意です。

<例>
平均ランキング:1万位
新品価格:20,000円
中古価格:1,000円
店頭新品価格:900円

商品が売れないことには利益を得ることが出来ません。


特に新品と中古での価格差が大きい商品は中古商品ばかり売れている

という傾向が強いです。


あなたが出品するコンディションで

実際に商品が売れているかを確認するようにしましょう。



ランキングの見方を間違えていると

予想より販売スピードが遅いという事態に繋がり

思わぬ長期在庫保管手数料が発生するなど

リスクが増えてしまいます。



仕入れ基準の判断は

「Amazonランキング」だけに限らず順位数字だけに捉われることなく

示している内容を把握することが大切になります。





次は過去のデータを活用した効率的な仕入戦略という記事を書きました。


記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。

SNSで富田をシェア!