即売れ商品について

この記事の所要時間: 214

 
こんにちは、富田です。

今回は即売れ商品について解説いたします。


「即売れ商品」とは

出品後1日~2日の間に数十個・数百個売れる

超高回転商品のことです。



例えばこのような商品です

→ 三菱ケミカルメディア Verbatim

→ モノレート

Amazonベストセラー1位、モノレート平均ランキングは4位となっています。
(2017年10月現在)



このような即売れ商品の場合

仮に、利益率が13%などと低くても仕入れ対象であると判断します。

その判断には以下のような戦略を基にしています。



①複利で資金がすぐに増える

複利とは得た利益を次の資金へと回していく方法です。

すぐに売れる商品=すぐに利益を回収できる商品であるため

資金が短期間で増やせます。



②保管手数料が安く済む(FBAを導入している方)

FBA在庫保管手数料は日割りで計算される為

即売れ商品は1~2日分の保管手数料しか発生しません。


利益を減らす要因となる経費少ないに越した事はありません。



③複数仕入れも安心

商品の需要が高い為、安心して大量仕入れを行うことが出来ます。

例えば、以下のような商品を比較します。

<商品A>
ひと月の販売個数:1個
1つ売れるごとに得られる利益:2,000円

<商品B>
ひと月の販売個数:30個
1つ売れるごとに得られる利益:200円


商品Aを扱った場合にひと月に得られる利益は2,000円ですが

商品Bの場合は利益6,000円となります。



さらに保管手数料を考えた場合

商品Aを販売した場合は1か月分手数料がかかりますが

商品Bの場合は前述の通りほとんど保管手数料は掛かりません。




このような観点から

たとえ利益率が低い商品でも

回転率によっては利益を増やすことが可能となります。



最後に注意点となりますが

このような回転率の良い商品は出品者にAmazon本体がいる場合が多いです。

その場合、売れる確率が下がりますので注意が必要です。





次は発売直後のプレミア商品という記事を書きました。

 


記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。

SNSで富田をシェア!

Twitterで富田を