せどりになぜAmazonを利用するのか

この記事の所要時間: 235

 
こんにちは、富田です。

今回はなぜ「Amazonでの販売がせどりに有利なのか」を解説いたします。

Amazon以外の販路としては以下の候補が挙げられます。


オークションサイト・フリマアプリ
  • ヤフオク
  • メルカリ

ネットショップ
  • 楽天
  • Yahoo!ショッピング

その他独自サイト

販路として選ぶ際に重要となるポイントは主に以下の3点です。

①利用者数

②手数料や運営費用

③販売や取引にかかる手間

それぞれのポイントからAmazonと他の販路を比較していきます。

①利用者が多い
2016年の段階でそれぞれの利用者数は以下の通りです。
  • Amazon:3,339万人
  • ヤフオク:1,768万人
  • メルカリ:816万人
当然、お客様が多いほうが
販売チャンスが増えます。

逆に
独自サイトなどでは集客はとても困難です。

②手数料や運営費用が安価
費用で比べてしまうと
Amazonは月額4,900円+商品ごとに手数料がかかるため

商品ごとに10%前後の手数料だけで済む
オークションサイトやフリマアプリが最も安価です。

しかし
次の③の項目を見ると

出品価格の相場を調べる手間や商品発送の手間がかかります。

そのため
数多くの商品をさばくことが難しくなります。

③手間が少ない
個人でせどりに取り組む場合は
「徹底的に効率を上げること」が利益へと繋がります。

この効率化の面で圧倒的にAmazonがオススメです。

まず、価格調査については
既に多くの転売ツールが普及しており

バーコードを読み取るだけで
Amazonでの販売価格がわかります。

次に商品ページについてですが

Amazonでは既に同じ商品が出品されている場合は
商品の説明文や写真が不要となります。

また、発送についても
AmazonにはFBAというサービスがあり

商品を先にAmazonへ納品することで発送を委託できます。

さらに、商品の返品が発生した際にも
Amazonでの対応となるため非常に便利です。

以上の比較から
せどりで大きく稼ぐにはAmazonが断然有利となります。

ただ、出品数が少なくお小遣い稼ぎでせどりに取り組む場合や
サブ販路として利用する場合は

オークションサイト・フリマアプリも非常に有効な手段となります。


今回は以上です。
ご閲覧、ありがとうございました。

次は価格競争が起きた時の対策という記事を書きました。

また次回のブログでお会いしましょう^^

おかげさまで毎日上位ランクイン!



Twitterで富田を