フリマアプリどう使い分ける?

この記事の所要時間: 79

 
こんにちは、富田です。

今回は数あるフリマアプリのうち

特に人気のある3つのアプリにフォーカスして解説いたします。


フリマアプリは仕入れ先としても販路としても使えますが

具体的にはどのような違いが有るのか

また、特徴や効果的な使い分けについてをまとめました。



フリマアプリの種類


メルカリ


フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング
フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング
開発元:Mercari, Inc.
無料
posted with アプリーチ

招待コード:XbV716

まずはCMや雑誌などのメディアでも有名で

現状トップの利用者数を誇るメルカリ

2017年11月現在6000万ダウンロードを突破しています。


また、姉妹アプリも多くリリースされており

連携機能も充実しています。

  • メルカリ カウル(本・CD・DVD・ゲームに特化)APP Android
  • メルカリ メゾンズ(ブランド査定付き)APP Android



ラクマ


楽天が運営していたフリマアプリです。

2018年2月26日より下記の「フリル」と統合することとなり

2018年3月8日付で新規ダウンロードは終了となりました。



フリル


フリル(FRIL) - 満足度No.1 のフリマアプリ
フリル(FRIL) – 満足度No.1 のフリマアプリ
開発元:Fablic, Inc.
無料
posted with アプリーチ

招待コード:SnlMF

2017年11月現在お客様満足度No.1に選ばれたアプリと謳っています。(ファストアスク調べ)

元々が女性専用フリマアプリだったこともあり

圧倒的に女性ユーザーが多く、違反商品への対応にも優れています。


また、フリルは2016年9月に楽天グループへ加わりました。


これによる目立った変化は暫くなかったのですが

2017年11月頃より楽天会員IDとの連携機能やラクマからのお引越し機能が追加され

2018年2月に「ラクマ」との統合が発表されました。


以降は名称を「新ラクマ」へと変更し楽天会員IDとの連動機能などを取り入れ

パワーアップしています。


今回はこの「メルカリ」と「新ラクマ」2つのフリマアプリの比較と使い分けの解説を進めていきます。



フリマアプリの比較


まずは金額面や独自配送の差出場所の違いを表にまとめました。



手数料・売上金振込み申請、支払い方法での違いがあります。

独自配送の差出場所もラクマのほうが充実している状態です。


この違いによって使い分けにどのような影響が出るかを分析しました。



販路としての使い分け


まず、比較表以外の部分ですが

ユーザー数と男女比に大きな違いがあります。

そのため以下のような売りわけをすると

手数料を払いすぎることなく適切な購入者に巡り合えます。

  • とにかく速く売りたい商品(回転率重視)はメルカリ
  • 少し時間をかけても手数料無料が良い場合は新ラクマ

さらに、高額商品になればなるほどメルカリの手数料も高額となるため

売価の高いものは時間をかけてでもラクマで売る方がおすすめです。


また、それぞれのアプリで独自配送サービスを行っていますが

お近くに差出場所がある可能性がより高いのがラクマだと言えます。


なお、発送の際はお店の混雑状況なども踏まえ

タイミングの良い時間帯に行くことをオススメします。



次に仕入先としての使い分けです。



仕入先としての使い分け


以前までメルカリでは「出品者フォロー機能」が無かったため

全体的に安値で出品を行う出品者を狙うという手法が出来なかったのですが

最近、機能が導入されたため差がほとんどありません。


それぞれクーポン配布やキャンペーンで10%オフなどの期間を設けることがあるので

お得な時期を逃さないように最新情報をチェックしていくことが大切です。


また、支払い時にラクマでは楽天ポイントが使える。

メルカリでは売上金をそのまま支払いには使えない。などの違いでも運用のしやすさに差が出ます。



まとめ


2つのアプリでの違いを把握し使いこなしていくことが大切です。


利益率の高い商品が出品されたときには

秒単位の差での取り合いになることもあるので

少なくとも1度ずつ各アプリでの購入の流れを体験しておきましょう。



また、販売時や購入申請のあるアプリでは評価数も重要になってくるので

キャンペーンや割引期間を利用して満遍なく慣れ親しんでおきましょう。


なお、新ラクマについては

現在統合中で規約変更や手数料変更などもありえるので

今後の変更内容には注意が必要です。




補足


他にも数々のフリマアプリもリリースされていますが

先に挙げた2つのアプリには1歩及ばない状況です。


しかし、趣味のジャンルに特化したアプリもリリースされており

それぞれお宝品が出品されることもあるのでチェックしておくと良いです。


少なくともフリマウォッチが対応しているアプリはインストールしておきましょう。
※フリマウォッチ対応アプリは太字で記載します。


ちなみに、フリマウォッチはフリマアプリで仕入れをするなら必須のアプリです。

フリマアプリでの『半自動仕入れ戦略』

2017.07.03

 
 
 
 
 
●追伸

フリマアプリのクーポン配布やキャンペーン情報については
僕のLINEでも情報を配信するので

セール期間を逃したくない方は友だち追加しておくことをおすすめします。

他にも物販のマインドやお得情報の配信
オススメ電脳店舗の紹介などを行っています。

記事が参考になりましたら応援クリックをお願いします。



SNSで富田をシェア!

Twitterで富田を